学び方は?授業の展開と単位の取り方

通信制大学の授業の展開方法について

通学制と異なり、通信制大学では教室で行われる講義がスクーリングなど一部に限られています。通信制の授業のほとんどは、自宅でオンライン講義を受けるか、または指定されたテキストを自分で読むことで進められると言えるでしょう。オンライン講義の場合、学生がサインインすることにより、受講が大学側に感知され、講義の出席が認められるというシステムも珍しくありません。また、オンライン講義はリアルタイムだけでなく、録画講義も視聴できるので、再生速度を速めたり、繰り返し重要な部分を視聴できるといったメリットがあります。

スクーリングは、夏休みなど通学制の学生がキャンパスにいない時期に空いた教室等を使って開催されます。スクーリングの授業は、1週間ほど受講し、最終日に試験を行うパターンが一般的と言えるでしょう。

通信制大学の単位修得方法とは?

通信制大学の学生は、オンライン講義の受講やテキストの通読を終えたら、与えられたテーマに沿って作成したレポートを提出します。レポートは添削され、合格点に達していれば、単位認定試験を受けられるのです。単位認定試験は、学期末ごとにキャンパスや指定の会場で行われ、通信制の学生は試験会場に赴かなければなりません。ただし、オンライン講義の場合、サインインによる受講が確認されれば、レポートの提出だけで単位認定されることもあります。

スクーリングの場合は、毎回出席を取って、最終日に試験を行う形式が多く、単位認定のためのレポートを課すことは少ないでしょう。学部・学科によって異なりますが、指定された科目の単位を修得することにより、卒業に必要な単位数を得ることができます。

小学校教員免許を通信教育で取るためには、通信制の大学で取得する方法があります。通学した場合と同じ免許を取得することが出来ます。